江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 女高生100人 (秘)モーテル白書 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2012/05/05 10:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 日活ロマンポルノなので未成年は読まないように。

 一九七五年に公開された曽根中生監督作です。

 この作品前半はモノクロなのに、後半になるとカラーになります。

 ルポ・ライターの早川順子(岡本麗)は、甲南市で起きた女子高生のモーテル遊びの取材のために甲南市へ赴いた。まずは刑事の山森(溝口拳)や地元のマスコミ三村(鶴岡聡)から情報を聞き出す。

 女子高生が男を誘ってモーテルでセックスだ。援助交際というより金銭を目的としない遊びである。

 パーマのメガネっこ桂たまきはロストバージンの証である花柄パンツの見せ合いに感動し、クラスメイトを誘ったが痛いばかりで泣いてしまう始末だった。

 調査の最中に順子は、ある密告書をもらう。そこには売春をしているのに逮捕されない女子高生がいるという。隆一(森高志)とユキ(朝倉葉子)という二人の高校生の愛が、家同士の反対にあったために、自分の小指を切り落したという噂を三村から聞いた。

 ユキの調査をする順子だがうまくゆかない。ある日ユキから電話で呼び出された順子は、男たちの罠にはまり強姦されてしまった。罠にはめたのは桂たまきだった。

 真相は二人がデート中暴漢に襲われ、ユキが輪姦されたのにもかかわらず、隆一が逃げだした。隆一の父が甲南財閥の実力者であるため、ユキを犯させたのだ。それを知って怒ったユキが隆一の指を切ってしまったのだった。

 数日後、順子の書いた「純愛物語」の特集号は、爆発的に売れ、それを読んだユキは週刊誌をどぶに捨てた。

 一人のルポライターがモーテル一〇〇人遊びの謎を解こうとする。ところが警察ですらあまり気乗りのしない事件にルポライターは勘を働かす。しかし実際は巨大な権力によって強姦され、真実を捻じ曲げてしまう、悲しい社会人の末路を描いた傑作……なのだろう。監督としては。

 作中は女子高生たちが大人を誘ってモーテル遊びにふけったり、同級生を三人まとめて楽しむスケジュールセックスなどが描かれている。ぶっちゃけセックスを映しまくればいい。

 話としては前半は順子と山森の視点でばらばらだったが、後半は一気にユキの話になったのでよかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

女高生100人 (秘)モーテル白書 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる