江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 不良番長 一網打尽 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2012/06/17 19:22   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 一九七二年に東映で公開された野田幸男監督作です。不良番長第一五弾です。

 前回は基本に戻ったのかシリアス調でしたが、日活の野良猫ロックのできそこないに近かった。最後のカチコミがなければそうなっていた。今までふざけすぎたのを自粛しても観客は納得できないだろうに。

 今回の梅宮辰夫は相棒が誠直也だけで冒頭で殺された。その後身の安全のために警察に自首し二年過ごした。その際出所には前回に引き続き藤竜也も一緒だったが、所長に悪態をついたために半日遅れで出たそうな。

 梅宮辰夫はお決まりの暴力団と絡む。しかしカポネ団というか、安岡力也率いるグレン隊を仲間に引き入れた。昔馴染みで暴力団の情婦になった真里アンヌに協力させ金を盗んだり、キャバレーの火事を利用して金庫を盗むが山城新伍と知り合うなどいろいろあった。

 山城新伍の豚みたいな鳴き声とおちゃらけぶりは不良番長になくてはならないものだ。山城さんのシリアスな演技は別の作品なら映えるかもしれないが、不良番長では安定した笑いを提供してこそである。

 真里アンヌさんは脱がなかったが、ひし美さんの全裸はすごかったですよ。同じアンヌ、ウルトラセブンのアンヌ隊員とは違いますね。

 いつもの笑いを提供する由利徹と大泉滉ですが、なんか出てきても面白いと思えなかった。由利さんは神父で、大泉さんはひし美ゆり子さんのまたぐらを覗き込んでいたのに。なんでだろう。あとキャバレー太郎という福富太郎という人が出たがどういう人だろうね。あとは渡瀬恒彦と藤江リカの新婚夫婦や、鳳啓助京唄子も出てた。

 お決まりは内田朝雄率いる暴力団で、室田日出男や八名信夫たちのカチコミで終わる。前回と比べると笑いが増えたがどうにもいまいち感がある。もう少し悪ふざけしてもよかった気がする。前回の影響があったのだろうか。


不良番長 一網打尽 [DVD]
東映ビデオ
2008-02-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 不良番長 一網打尽 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ついにご覧になりましたねっ!
実は演じられているギャグは、当時リアルタイムの面白さがあって、後追いでは理解されない部分が確かにあろうかと思います。それは風俗パロディでも同じでしょうか。
話題だったのはアンヌ隊員の菱見百合子が、ひし美ゆり子になって堂々のヌードやキワドイ演技をやってしまった事で、けっこうヤバかったですよ、その頃は。

あと福富太郎なんですが、当時は東京で何軒ものキャバレーを経営していて、それぞれが別趣向というのが面白いと評判でした。深夜のテレビ番組でコメンテーターとしても活躍していましたし、遊びの本質や女の鑑賞法をイヤミなく伝えてくれた、なかなかの偉人です。
また浮世絵コレクターとしても超有名で、確か自身のコレクションを展示している美術館もやっているはずです。

最後になりましたが、次回作に大きな期待は禁物です。
シリーズ完結篇なんですけどね、一応は。
サイケおやじ
2012/06/18 19:24
ひし美ゆり子さんの全裸はやりすぎだとおもいました。のちにポルノ時代劇忘八武士道でも脱ぎますがこちらの方が勝ってますね。

福富太郎を調べましたがまだキャバレーを経営しているようですね。ショーのための歌手を募集しているみたいだし、昔ながらの生演奏を大事にしているのでしょうか。

長かったシリーズも次回でおしまいですね。楽しみです。
江保場狂壱
2012/06/19 07:12
不良番長 一網打尽 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる