江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS セキレイ載ってなかった……

<<   作成日時 : 2012/06/18 14:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今号のヤングガンガンにセキレイ載ってなかったよ。前回は休載と書かれてなかったし、今号にも載ってない。アンケで抗議しよう。

 13巻は7月25日に発売だ。8月だと思ってたのに少し早まった感じかな。12、11、は10か月に一度だったから。表紙は誰だろうか。

 本命:陸奥。結と面識があるから。
 大穴:鹿火。結と正式に会ってないから微妙だと思う。

 ミラクルジャンプのリターナーを読んだが、生還者という人がいじめられていた。セキレイにはそれがないが、いまさら必要ないだろう。それに雑誌の方針もあるでしょうし、作者にとって趣味で描いているわけではないし、読者の意見で話を変えるわけもないしね。
 
 でYGの感想でも書くか。表紙の吉木りさが素晴らしかった。

 死がふたりを分かつまで。ジーニと何を交渉したかは知らないが、撤退することになった。インビジブルは予想通り二人組だったが、チボールのほうが女性とは思わなかった。アッシュとシイダブラの戦いもアッシュの罠で嵌め、撤退した。長きにわたる漆黒部隊の戦いも終焉に向かう。しかしガルボアがはるかを狙うのは終わらない。護はどんな取引をしたのだろうか。

 working。峰岸はドMでも誰でもいいわけではなさそうだ。伊波に殴られても一枝のほうがいいらしい。問題も少しずつ解決して次に小鳥遊家の母親登場となるか。東京に住んでいたらworkingの舞台とか観られるのになぁ。

 牙の旅商人。家族の仇であるハイドラにこてんぱんにされて落ち込むソーナ。謎の少年が彼に近づいた。正直ソーナがあと五年は年を取り、鍛え続けないと勝てそうにないが、ハイドラも貴族たちの汚れ仕事を請け負っているから時間が経てばたつほど勢力が大きくなりそうだ。その前に倒さないといけないが、ハイドラ自身もただの御山のボスではなく、頭も切れる。アイリが王女ではないかと探りを入れている。果たしてどうなるのだろうか。

 魍魎のゆりかご。前回春日が死んだ。人を奸計で嵌めて、自分一人で生き残ろうとしたが詰めの甘さで身を滅ぼした。きっちり殺せたのは担任の新庄だけだ。宮村にしろ芹沢にしろとどめを刺してないし、小雪と安西を閉じ込めたがバカにしていた小雪のおかげで脱出された。そして一度騙された人間はもう騙されなくなっている。口先だけの人間の哀れな末路だ。
 滝川は自分が感染していると確信した。そして脱出口であるサイドスライダーは浸水しているが、まだあきらめてはいない様子。果たしてどうなるのだろうか。
 春日は死んだし、十字架狩りも芹沢に殺された。残るは芹沢だけだ。感染された滝川といい勝負になるだろうが、果たして。

 黒神は終わったがあまり読んでないので。


セキレイ(13) (ヤングガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
極楽院 櫻子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by セキレイ(13) (ヤングガンガンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

セキレイ載ってなかった…… 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる