江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 怪竜大決戦 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2012/07/13 18:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 一九六六年に東映で公開された山内鉄也監督作です。

 自来也をモチーフにした怪獣映画だそうです。自来也、綱手、大蛇丸と聞くとPCエンジンのRPG天外魔境を思い出した。一応自来也と綱手は夫婦だそうですが、詳しくはググってください。

 自来也こと松方弘樹は蝦蟇道人の金子伸雄に助けられ、父母の仇である大蛇丸こと大友柳太郎を討つのである。小川知子が扮する綱手は大蛇丸の娘という設定だ。綱手は蜘蛛婆こと原泉に育てられた。

 一応時代劇物で、最後は自来也の大蝦蟇と大蛇丸の龍、そして綱手の大蜘蛛だ。原作は綱手はナメクジなのだが、ナメクジより蜘蛛のほうが作りやすかったのだろう。

 悪役で百百兵衛に千葉敏郎がいたが、意外に大蛇丸を裏切った。最後は殺されたが。金子伸雄が悪役ではなく、善玉で師匠というのも珍しい。
 まだ若い松方さんの演技も棒読みが多く、臭いセリフも多いが一見の価値ありだ。

 で肝心の怪獣だが正直言えばもっそりしてる。それに怪獣映画は人間が怪獣に翻弄され、自分たちの手で立ち向かうのが定例だが、これは怪獣に変身しているので怪獣映画とは言えない気がする。

 奇天烈痛快時代劇なら納得できるかも。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

怪竜大決戦 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる