江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 白い指の戯れ ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2012/07/14 21:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 日活ロマンポルノなので未成年は読まないように。

 一九七二年に公開された村川透監督作です。

 白い指の戯れとはなんぞや。それはスリなのだぁ、のわっはっはっは!! とまあつかみはこれくらいにしよう。

 伊佐山ひろ子さんはある日谷本一と仲良くなる。しかし谷本は石堂洋子ともいい仲だった。ほどなく谷本はスリで逮捕され、伊佐山さんは寂しくなった。

 そこに荒木一郎が現れた。伊佐山さんは惚れた。荒木はスリグループを作っており、スリをしていた。

 伊佐山さんはあまり主体性のない役柄だった。惚れた男に尽くすタイプなのか、善悪の区別がついてない気がする。

 スリのグループらがマンションの一室で乱痴気騒ぎを起こすのだが、なんとなく神代辰巳監督の女地獄森は濡れたに似ている。ああ、神代氏が脚本を手掛けていたんだ。ちなみに女地獄は俳優が歌を歌っていた。

 荒木はスリに失敗し、伊佐山さんが泥をかぶった。そしてそのまま荒木は普通に過ごしている。作中ではレッカー車が壊れた車を運ぶシーンがよく映っている。壊れた車が消えても誰も気に留めない。女がスリで逮捕されても気にも留めない。なんとも冷たい話だ。

 まあスリは犯罪だし、余罪のないうちに逮捕されて良かったかもしれない。危ないゲームはいつか破たんする。結末は描かれていないが、いつかはそうなる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

白い指の戯れ ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる