江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャンプの感想

<<   作成日時 : 2012/07/02 10:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今回からワンピだけでなく、別の作品も書くことにしました。

 ワンピース。謎の男ヴェルゴ登場!! ローが弱っている。一体誰なんだこいつは!!
 一方ルフィとロビン、フランキーにスモーカー、たしぎが気絶した。シーザークラウンは何をしたんだ? COOLブラザーズが敗れた事に気づいたがそれがルフィとローの仕業と勘付いている。ただの自己中男ではなかったようだ。
 そしてゾロサイドではついに錦エモンの体が元に戻った。ここで正式に名前が表示された。錦エモンはサンジに対して感謝の土下座をした。身長はブルックと同じくらいの高さだ。
 スライムを切り裂いたが、彼は爆炎すら切り裂ける男だ。スライムに対して秘策ができた。ゾロは錦エモンから技を教わるのだろうか。ミホークの技と組み合わせれば無敵だな。

 暗殺教室。魔人探偵脳噛ネウロの作者の新連載だ。謎のタコみたいな生き物が月をモロ三日月のように破壊した驚異的な存在だ。
 政府はタコを暗殺するためにE組の生徒に暗殺を命じる。さらにタコはE組の教師になるから、殺すのはE組の生徒たちと決めていた。
 タコを殺す武器はタコ以外には使えない。しかしまったく通用しない。マッハ20で中国に昼飯を食べに行くなど規格外だ。
 しかし生徒側にもドラマがある。少年は落ちこぼれのE組で友達に見捨てられ、教師も毒づくというありさまだった。そして少年を犠牲にし自爆させようとしたが失敗。
 そこでタコが初めて怒った。生徒たちの家族や友人の家の標識を持ってきて脅す。彼は過去にある女性から教師になってくれと頼んでいた。
 少年も自分をきちんと見ていることを知り、暗殺を目指すのであった。そしてタコは殺せんせーと呼ばれることになる。

 殺せんせーの無敵さとシュールさとは対称に、落ちこぼれとバカにされている生徒たちが面白い。殺せんせーに抵抗できる人間は出るのだろうか。
 殺せんせーは手抜きっぽいデザインから、怒りの表情になると怖かった。ゆがんだ性格だが、生徒たちを想っているのが伝わった。10週まで残れるか楽しみだ。

 ワンピと暗殺教室だけしか感想書いてないな。ワンピが休載しても暗殺教室が書けるからいいか。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ジャンプの感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる