江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS ふたたび魔法先生ネギま! 第18巻感想

<<   作成日時 : 2012/08/01 18:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 修学旅行編は長いと感じていたが、麻帆良祭編はさらに長かった。ようやく終わった感じだ。

 エヴァはチャオを悪というが、いうほど悪には思えない。犯罪を犯しているから悪ではなく、自分のわがままを通すから悪なのだろうか。チャオは結局自分の世界へ帰ってしまった。まさか彼女がドロップアウトするとは思いもよりませんでした。

 ひさしぶりのクラスメイト編は春日美空と大河内アキラだ。美空は二話も費やしている。特に彼女は初期と当時では性格が変わっているからだ。特に声のクラスメイトでは性格が違う。もっとも赤松先生はそれなりにフォローしている。しかし美空はクラスメイトに心を開いていないのか。ココネだけしか打ち明けていないと思う。

 魔法生徒でありながら魔法使いであることを隠している。もっともいたずらでは積極的だけどな。

 アキラの話はサイレント物だった。アキラの魅力を十分に伝えているが、当時赤松先生の掲示板では評判が悪かった。ゆーなやパル、鳴滝姉妹や美空がネギの落とした指輪を取り上げて楽しんでいた。それをアキラによって制裁された。逆に成績の悪いまき絵や古菲はネギいじめに参加しなかった。いじめは描かないというが、ネギまの場合ネギいじめは軽く描かれても評判が悪いな。

 夏休みに突入することで一区切りがついた。


魔法先生ネギま!(18) (少年マガジンコミックス)
講談社
赤松 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法先生ネギま!(18) (少年マガジンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ふたたび魔法先生ネギま! 第18巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる