江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 団鬼六 花嫁人形 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2012/09/15 19:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 にっかつロマンポルノなので未成年は読まないように。

 一九七九年に公開された藤井克彦監督作です。

 題名の花嫁人形ですが、同じ題名の歌があります。作中でもその花嫁人形を歌うシーンがあります。

 理恵(倉吉朝子)は曽根崎(宇南山宏)に金で雇われて、SMプレイをしていた。曽根崎は理恵に花嫁衣装を着せて縛ることが好きだった。

 理恵に想いを寄せる男がふたりいる。ひとりは曽根崎を紹介した村崎(草薙良一)でバーのマスター。もう一人は江崎(中原潤)で、理恵のいる部屋を眺め、カーテンの中を妄想していた危ない男であった。

 理恵は何をしたいか不明だ。曽根崎のねちっこい変態プレイに嫌気がさしているように見えて、解放されたら不満をあらわにしている。

 団鬼六先生は美女を無理やり誘拐し、調教するのが好きと思われているが、それは花と蛇の印象が強いためであろう。

 やり手のサラリーマンである曽根崎が心の安定を求めるためにSMプレイを楽しむ。しかし江崎はストーカーの発想か、曽根崎の奥さん(志麻いづみ)を誘拐し、調教してしまう。理恵と交換しても肝心の理恵は江崎に心を開かないし、村崎に殴られた。

 関係ないが回想シーンではなぜか時代劇っぽい風景で襲われたり、磔になったりと抽象的なシーンが多い。あと女優の独白が目立った。

 理恵役の倉吉さんは新人なので甘かった。別の作品ではどうなのか楽しみである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

団鬼六 花嫁人形 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる