江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS ふたりエッチ トリプルラブ ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2012/09/04 20:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 2012年に公開された横山一洋監督作です。

 原作の漫画は成人漫画というより、正しい性教育漫画だと思います。これを保健体育の教科書にすればいいと思いますが、お堅い文部省は認めないでしょう。というか刊行数が五〇近いし、中学生くらいでは刺激が強すぎるな。

 真(岡田光)と優良(森下悠里)の純愛セックルストーリーですが、森下さんは乳首を出しません。ちなみに四作目のラブフォーエバーと同時上映ですが、置いてなかったのでトリプルラブだけ借りた。

 真の父親守(ベンガル)が倒れたというが、実はたいしたことなかった。真の実家に久しぶりに家族が終結した。
 兄の明(土屋裕一)は弁護士で嫁は早苗(川村りか)
 妹の淳は前回に引き続き明日花キララさんだ。母親の明子(佐々木基子)は真に優良と寝ろとはっぱをかけたり、守は明子のパンティを優良のと間違え、顔を拭いたりと、性に奔放な一家です。

 つー川村さんにしろ明日花さんにしろ茶髪がすごいな。明日花さんはAV女優だが演技はうまい。でも出番が少なかったし、乳首も出なかった。

 実家に戻ったので高校時代の友人詩織(木口亜矢)が岳史(河合朗弘)と付き合っており、結婚する予定だ。しかし詩織は真に未練があるようで、優良と結婚しているのに真を誘う。一方で岳史は詩織の惚れているのに、栞は昔の男を気にして嫉妬している。

 早苗は夫がセックルレスなのにイメクラ行ったと勘違いしたが、実際誤解だった。その晩燃え上がった。明子はエロい格好して守を誘ったが、中年夫婦なので燃えない。もちろん詳しい性描写はどちらもなかった。

 今回は真の家族がメインであった。濃い家族で面白かった。あと真と詩織のデートに背徳感を感じた。そして真が女は優良だけとバカにされたので、岳史に殴りかかるシーンもよかった。


映画版 ふたりエッチ トリプル・ラブ [DVD]
ビデオメーカー
2012-06-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 映画版 ふたりエッチ トリプル・ラブ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ふたりエッチ トリプルラブ ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる