江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 寄性獣医鈴音 GENESIS 実写版 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2012/09/09 19:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 二〇一一年に公開された金田龍監督作です。原作は春輝先生の漫画です。金田監督はテレビドラマの魔法先生ネギまに関わっていたそうです。

 原作ではシャギーのかかった白髪の女性ですが、吉井玲さんは黒髪のヅラを被っております。

 題名では寄生の生が性欲の性になってます。エロが重視されております。まあ吉井さんがエロい目に遭うことはないです。乳首が出るのは脇役だけです。

 一応鈴音は幼少時に父親(蛍雪次郎)が謎の男に暴行を受けた後逃げ出した後、父親の知人でオカマである本間(木下ほうか)に保護された。そして黒のボディコンに白衣を着る美女になった。父親からは寄生虫を食べるカンテツというカエルを送られた。

 大抵寄生虫に寄生された女性がえろくなり、鈴音がそれを取り除く。そして謎の青年高野八誠と出会い、父親の真実へ近づいていく。

 吉井さんの演技がどうもちぐはぐだ。口元のアップはしわが目立つので萎える。話は中途半端で終わったが、二作品同時上映だったらしい。

 
寄性獣医・鈴音 GENESIS【DVD】
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2012-02-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 寄性獣医・鈴音 GENESIS【DVD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

寄性獣医鈴音 GENESIS 実写版 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる