江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 再び魔法先生ネギま! 第27巻感想

<<   作成日時 : 2012/10/17 18:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今回はネギとラカンのバトルです。連載当時は非常に人気があったそうです。

 もっともネギはバトルが好きというわけではなく、あくまでフェイトと戦う力がほしいだけであり、ラカンはその基準とするだけです。

 バトルもネギは策略により、ラカンを罠に嵌めております。ジャンプ系のようなバトルとは違いますね。そもそもタッグトーナメントなのにさっさと決勝戦に進むのはありえませんし。

 それにバトル一色ではなく、亜子とトサカの話も交じっております。これもネギまらしいというか、フェアリーテールだと数コマですましていたでしょう。もちろんネギまらしいですが。

 ラカンはバグキャラっぽいですが、一応努力の人にしたっぽいですね。ヘラス族は長命なので四〇年経っても現役でいられる設定です。もちろんラカンも過去の経験があったおかげでネギの攻撃をかわせたから、つけたしというわけではないでしょう。

 赤松先生にとってラカンのようなキャラは描いてて気持ちよかったのかもしれません。まあ成瀬川に殴られるのと、ラカンに殴られるのとどっちがいいかといわれれば、成瀬川ですけどね。

 まあ筋肉ダルマをメインで描くなんてAIとま時代からのファンは予想もつかなかったでしょう。赤松先生本人も予想しなかったでしょうね。


魔法先生ネギま!(27) (少年マガジンコミックス)
講談社
2009-09-17
赤松 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法先生ネギま!(27) (少年マガジンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

再び魔法先生ネギま! 第27巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる