江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS ノゾ×キミ 第一巻感想

<<   作成日時 : 2012/10/02 20:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 昨日はノゾキアナ12巻と一緒に購入しました。

 最初は二〇一一年に週刊少年サンデーでノゾミとキミオで三話掲載された。その後週刊少年サンデーS増刊で五話掲載された。一応連載終了だが第一巻とあるので、人気があれば続編が出る可能性はなくもないか。

 ノゾキアナは専門学校生だが、ノゾ×キミは高校が舞台だ。主人公のキミオとヒロインのノゾミは同じマンションに住んでおり、コの字で彼女の家は丸見えです。もっともクラスでは空気扱いされており、キミオもよくは知らない。

 ある日キミオは女子更衣室のロッカーに隠れる羽目になった。それをノゾミが見つけたが彼女は黙っていた。キミオは携帯電話を落としたが、ノゾミがそれを届けた。彼女はキミオにメールを送り、窓を開けて自分の下着姿を見せつけていた。

 ノゾキアナの場合は交互で相手の部屋を覗くのだが、こちらはマンションの部屋越しで覗かせている。性行為はないが乳首は出しています。

 さてノゾミはえみると同じで他人に興味はなく、ドキドキしたことがないという。キミオの覗かれて初めてドキドキしたらしく、キミオに自分を覗かせるという倒錯した思考の持ち主であった。ノゾミは毎朝キミオに覗かせ、学校でも下着を見せたりと奇行を繰り返している。もちろんキミオ以外には見せないが、一番困惑しているのはキミオのほうだ。

 ノゾミを覗くだけでは話が膨らまないので巨乳のメガネっこ牧野ユウキとチア部の園田ミチルが登場する。

 ユウキは巨乳ゆえに好奇の目で見られることを恐れており、偶然ノゾミたちの話を聞き、見せっこに参加する。スク水を着て、キミオに見せたり、体操着で廊下を一往復させたりしていた。

 ミチルはクラスの人気者だが性格が悪い。クラスの人気投票でノゾミが一位になったのが気に喰わないと、ノゾミの着替えに水をかけたりと陰湿だ。もっともノゾミは人気に興味がないので終わったが。四話の扉絵ではユウキとミチルがいたから最初から五話と決まっていたのかも。

 ユウキの場合は見られることを恐れており、ミチルは見られることに喜びを覚え、その本性を隠している。覗きあいするだけでも人の心の裏側がわかる。

 ノゾキアナのえみるは複雑な家庭事情があるが、ノゾミの家庭は一見普通に見えるが、ノゾミ自身は他人に興味がないという。まあ少年誌だからソフトにしたのか。


ノゾ×キミ 1 (少年サンデーコミックス)
小学館
2012-09-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ノゾ×キミ 1 (少年サンデーコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ノゾ×キミ 第一巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる