江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 再び魔法先生ネギま!第25巻感想

<<   作成日時 : 2012/10/03 19:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 限定版は刹那がさらしを切られ、月詠がいます。通常版は普通で月詠の代わりに明日菜です。

 この巻はネギ、ラカン、のどかのみっつのバトルが繰り広げられます。

 ネギはフェイトと戦うのですが、ラカンはフェイトガールズの環と暦を相手にするが緊張感がない。結界に閉じ込められても適当に破壊するでたらめさだ。一応解説では重力を使うらしく、昔クウネルが同じ罠を同じ方法で破ったから、ラカンが真似をしたとある。

 のどかたちは調の襲撃を受けるが、のどかの読心術と小太郎の機転で逃げた。逆にのどかはフェイトの心を読み、情報を手に入れる。フェイトはネギよりのどかを優先しているあたり、感情ではなく、合理的に動いている。

 ただ明日菜は相変わらず直感で動きすぎている。結果オーライばかりでハラハラしますね。刹那と月詠のバトルは少ない。

 そしてラカンが語る紅き翼の過去の話をする。ナギたちも昔ネギたちと同じ罠にかかったようだ。もっともナギたちは少数だった。新キャラはウェスペルタティア王国アリカ王女だ。一応明日菜の姉になのだろうか。アリカはのちにネギの母親になる人で、ドラマCDでは林原めぐみさんが演じます。

 ガトウは完全なる世界の目的に勘付いたようだが、ラカンたちにはしゃべってないようだ。まあ知ったところでどうにもならないが。

 過去編は大抵単行本一巻以上やるものだが赤松先生は短く済ませている。この辺りは好みだろうな。ネギまにバトルを求める人もいれば、ラブコメを求める人もいる。バランスが難しかったのでしょうね。


魔法先生ネギま!(25) (少年マガジンコミックス)
講談社
赤松 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法先生ネギま!(25) (少年マガジンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

再び魔法先生ネギま!第25巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる