江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS ヱヴァンゲリヲン新劇場版破 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2012/11/18 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 二〇〇九年に公開された作品です。

 よく考えるとエヴァってゴジラのオマージュが強いね。まず地球防衛軍がド派手な攻撃をするけどゴジラは全く無傷。薬品などを使ってゴジラを搦め手で倒してます。町をド派手に破壊するのも一緒だよね。

 アスカが登場しましたが、苗字がなぜか式波になっていた。シンジに対して「あんたばかぁ?」は健在だったが、一人で携帯ゲームをしたり、人形遊びをする人になってました。テレビでは暴走したエヴァに乗っ取られたのはトウジでしたが、こちらはアスカになっており、精神汚染されてました。一気に話が進んだ感じです。

 おかげでトウジの存在意義が薄くなった気がしました。でもQではトウジの妹が登場するから無意味ではないか。

 で、新キャラの真希波・マリ・イラストリアスだが、冒頭でエヴァ五号機を使って使徒を倒していた。そして次にパラシュートで降下してシンジと出会う。最後はなぜか二号機に乗って第一〇の使徒と戦っていた。シンジ以外接触がない。そんなに話をめちゃくちゃにはしていなかった。ただエヴァとは異質な明るさを持っている。アスカのような空元気とは違ったものだ。

 映画ではレイが手料理を作り、シンジとゲンドウと一緒に食事する企画を立てていた。もちろん破綻してしまったが、レイが碇親子を繋ごうとする印象があった。レイに恋しているというより、母親というか、家族に近いものを感じていた。

 この作品ではマリが『三六五歩のマーチ』や林原さんの『今日の日はさようなら』『翼をください』を唄っている。特に『今日の〜』は初号機が三号機を破壊するシーンで使われているので不気味だった。

 最後はカヲルが登場した。で次回作は三年後、つまり今年の一一月一七日というわけだ。正直劇場に行く気がない。映画館で見る余裕がないのもあるが、これは気分の問題である。でも映画なら続き物より、一本で完結してほしいな。無理なのだろうか。









ヱヴァンゲリヲン新劇場版 PORTRAITS -PLUG SUIT SPECIAL- 10個入 BOX (食玩)
バンダイ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヱヴァンゲリヲン新劇場版 PORTRAITS -PLUG SUIT SPECIAL- 10個入 BOX (食玩) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ヱヴァンゲリヲン新劇場版破 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる