江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 小松みどりの好きぼくろ ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2012/11/11 07:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 にっかつロマンポルノなので未成年は読まないように。

 一九八五年に公開された山本晋也監督作です。

 なぜか歌手の小松みどりさんがロマンポルノに出演しています。主題歌も本人が歌うはしご酒です。演技をしたことがないのか、生気の抜けた表情で、エロスがどうにも薄いです。逆にロマンポルノに出演していた滝川真子やイヴのほうが上手です。

 話の内容は小松みどりさんは居酒屋のママだけど、父親は宗教の教祖様だった。父親が死んだので娘に跡を継いでもらいたい。妹が一人いるが病弱なので教祖の激務は無理というわけだ。この辺も小松さんの翳りのある表情が生きている気がした。

 もちろん宗教といえど組織関係はある。野々村(野上正義)は息子の幹生(福田健次)を使って小松さんを懐柔しようとした。小松さんの病弱の妹霞(イヴ)は実は麻薬中毒者であり、湯番の六郎(九十九一)を使って麻薬を栽培させていたのだ。もっとも六郎は解毒剤を作っており、霞に飲ませていた。謎を解いたのは薬漬けの前科がある初代(滝川真子)だった。

 山本晋也監督の作品は『赤塚不二夫のギャグポルノ 気分を出してもう一度』や『愛染恭子の未亡人下宿』を見た。どちらもコメディで知名人が多く出ていたが、この作品はシリアスで、なぎら健壱が出たくらいである。筋の通った作品で山本監督を見直しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

小松みどりの好きぼくろ ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる