江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 再び魔法先生ネギま!第36巻感想

<<   作成日時 : 2012/12/19 19:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 この巻で長かった魔法世界編も終わった。

 興味深いのはフェイトが目覚めたばかりの時期で、栞ことルーナとの出会いです。戦闘の途中で挟まれた感じだが、考察系の人には貴重な情報であった。

 フェイトとの勝負に勝利したネギだが、すぐ後に今まで倒されたアーウェルンクスシリーズの復活で大ピンチだ。そこにエヴァが登場し、彼女が解決してしまった。

 フェイトとの戦いは子供同士の喧嘩の延長に近い。ネギは結構詰めが甘い。エヴァも強いが彼女の場合、数百年以上の経験が物を言うので、ネギはまだ発展途上だ。

 そして明日菜の復活。なんだかんだいってネギの戦闘時の背中を守るのは明日菜しかいないな。メンタル面は千雨がガチだ。

 刹那と月詠、龍宮とポヨのバトルはさらっと流されるのは仕方のないことだ。ネギまはあくまでネギが主役だからどうしてもネギがメインになるんですよね。


魔法先生ネギま!(36) (講談社コミックス)
講談社
2011-11-17
赤松 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法先生ネギま!(36) (講談社コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

再び魔法先生ネギま!第36巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる