江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸川乱歩異人館第5巻 感想

<<   作成日時 : 2012/12/22 15:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 グランドジャンププレミアムに連載されている山口譲司先生の漫画です。

 江戸川乱歩の作品の漫画化ですが、選択がいかにも通好みなので、山口先生自身乱歩が好きと分かりますね。

 明智小五郎×喝男。地獄の道化師。4話と五話収録されています。設定は微妙に変えられてますが、原作と同じです。小林君が女装するのは普通なのか。原作には出てない文代も少しだけ活躍しています。

 映男〜鏡地獄。レンズに魅了された変人の話です。オチは原作と違います。実際最後の悲劇はあるテレビ番組で解明されましたが、実際は狂うほどではないそうです。当時はそんなことをやろうとする人がいないから想像だけで描いているんですよね。

 珠男〜算盤が恋を語る話。こんなマイナーな短編を選択するとはさすが山口先生ですね。人が死なない作品ですが、一種の暗号物です。乱歩の処女作は二銭銅貨で同じく暗号物ですが、二段オチが待ってます。

 虚男〜二廃人。これまたマイナーな短編です。ほぼ原作通りです。斉藤氏の顔が戦争の古傷で一層すさまじくなっていました。夢遊病を扱う作品ですが、オチは二段オチなのは乱歩作品ではよくあることです。

 山口先生の美女はエロいです。乱歩の古風な作風と、肉厚な美女の組み合わせは最高ですね。


江戸川乱歩異人館 5 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2012-12-19
山口 譲司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 江戸川乱歩異人館 5 (ヤングジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

江戸川乱歩異人館第5巻 感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる