江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 地獄 神代辰巳版 ネタバレ注意

<<   作成日時 : 2012/12/27 17:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 一九七九年に公開された神代辰巳監督作です。

 地獄といえば古くは中川信夫、平成の世では石井輝男が映像化していますが、やはりメインは地獄の特撮か。

 原田美枝子の体当たりかつ、執念深い演技が冴えております。ただ冒頭は画面が真っ暗で山崎ハコの歌だけ流れていたからテレビが壊れたと思ったよ。

 あらすじは原田美枝子扮するミホは田中邦衛と結婚していたけど兄の西田健と内通して、それがばれたので田中に殺された。さらに西田の妻である岸田今日子はミホの死にぎわを眺めていた。

 ミホは死んだが加藤嘉らが彼女の遺体を発見すると腹から赤子が出るシーンに加え、なぜか地滑りでミホの体は崖に落ちてしまい、さらにミホは地獄へ堕ちた。そこには脱衣爺さんこと浜村純と脱衣婆こと毛利菊枝が待ち受けていた。

 岸田には二人の子供がおり、石橋蓮司はレーサーで、林隆三は陶芸家であった。そこにミホの子供であるアキが偶然やってきた。そしてふたりはアキが異母兄弟とは知らず愛し合うのだ。

 アキは一度殺されかけるが加藤の提案で関係ない捨て子と交換して育てることになった。憎い女の子供だからむかつくのであって、関係なければ愛しいらしい。栗田ひろみをかわいがっていたが、アキの罠で着物を交換されたので村の若い衆に犯された。

 栗田さんのヒステリーな演技に、原田さんの相手を呪うような演技が冴えている。東映の体当たりアクションが目立つが、おとなしいのは神代監督が日活作品が多いためだろうか。
 
 私の世代では岸田今日子といえばムーミンの声の人だが、この人があんな演技を演じていたなんて知りませんでした。感動を覚えました。

 登場人物はみんな死んで地獄へ堕ちます。アキは母と出会った脱衣爺さんと脱衣婆と出会います。そして閻魔大王こと金子伸雄さんの登場です。アキは母親に会いたいと願い出て、天本英世が案内します。

 地獄の特撮はなかなか凝っています。岸田さんと加藤さんは石臼ですりつぶされますが、すぐ再生し、今度は石臼を回す側に回ります。石橋さん林さん、西田さん田中さんは色情地獄へ堕ちました。

 そして畜生地獄に落ちたミホは原田さんの特殊メイクが不気味で、アキは母に喰われ、天本さんに声を出すなと注意されてもすぐ破ってしまったので巨大な樹になってしまった。ミホは樹に体当たりすると幹が割れまぶしい光があふれだす。そしてなぜかアキは赤ちゃんのまま砂浜にぽつんと置かれていました。

 なんとなくですが中川信夫版とくらべると地獄の責め苦が甘く見えました。逆に石井輝男版とくらべると特撮はかなりマシなレベルと言えます。それでも中だるみしなかったのは原田美枝子の魅力でしょうね。ミスロンリーのDVDではインタヴューに答えてましたが若かったですし。


地獄【DVD】
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2012-01-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 地獄【DVD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

地獄 神代辰巳版 ネタバレ注意 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる