江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS オシエシラバス 第5巻感想

<<   作成日時 : 2012/12/29 12:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 テニスウェアの教恵が表紙です。

 夏休みが終わりました。教恵はあいかわらずまといラブです。善を嫌っているのは相変わらずですが、一応将来の目標があるので一目は置いたようだ。もっとも変態と思い込んでますが。

 一方の善は奥村のせいで心が乱されています。こういったすれ違いも面白いですが、この漫画は男の出番が少ない。

 ちほと臣の関係は高校時代生徒会に所属していたようだ。ちほは当時最悪な生徒会長と呼ばれていたそうだが、臣がフォローした形のようである。さらに文化祭のコスプレ写真など黒歴史が多い。万能キャラだがこういったところがいいですね。

 あるきっかけでまといと教恵が喧嘩した。そして教恵は家出してバイト仲間の小豆沢の家に厄介になることになった。彼女は教恵を文化祭に誘う。そこでまといと再会する。

 文化祭でまといは中学時代部活でテニスをしていたこと、そのテニスは県大会準優勝という肩書があるなど明かされた。

 今回はおまけが少なかった。別の仕事で忙しいのだろうな。


オシエシラバス(5) (ヤングガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
2012-12-25
高尾 じんぐ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オシエシラバス(5) (ヤングガンガンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

オシエシラバス 第5巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる