江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 再び魔法先生ネギま第34巻感想

<<   作成日時 : 2012/12/05 18:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 戦いもいよいよ佳境に近づきました。

 今回はネギのバトルよりも、コタサイドがメインですね。

 夏美のアーティファクトで明日菜と最後のカギを奪還するのですが当時の緊張感は半端ではありませんでした。何しろ夏美は魔法世界で奴隷にされていたとはいえ命の危険にはさらされていなかった。それが世界の命運をかけた大事な作戦の要になったのだから人生はわからない。

 もっとも夏美の力だけではなく、夕映のアイディア、まき絵や裕奈のアーティファクトなしでは作戦は成功しなかった。あとはフェイトが本当に夏美のアーティファクトに気づかなかったのだから、かなり強力なアイテムだったのだろう。ちなみに契約者はコタなのが忘れられがちだが。

 ですがもっとやばいのはフェイトの同類が三体も出てきたときです。茶々丸の胴が真っ二つになった時は衝撃的でした。三番目だからもうあとはないと勝手に決めつけていましたが、意表を突かれました。赤松先生もいい意味で読者を騙すことに慣れてきた感じです。

 ですがあとがいけない。復活したネギやフェイトにより邪魔された。あっという間に逆転しちゃったよ。

 それと墓所の主が6番目を止めた。ネギは母の、といっていたからアマテル本人なのかもしれない。長寿だから幸せとは限らない。エヴァは不老不死なりに人生を楽しんでいるが、それは彼女は責任のある立場ではないからだ。

 今年はあと3巻でおしまいだ。ネギまの単行本を再び感想を書くのに時間はかかったがそれなりに楽しかった。まあ、登場人物紹介があるからまだ終わらないけどね。


魔法先生ネギま!(34) (講談社コミックス)
講談社
2011-05-17
赤松 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法先生ネギま!(34) (講談社コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

再び魔法先生ネギま第34巻感想 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる