江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS 今回のセキレイはオールカラーだよ

<<   作成日時 : 2013/02/18 16:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 何のためのカラーなのかは不明ですが。

 皆人の誕生日でケーキを作ろうとしたが失敗。篝を除いてお風呂に入る。それだけです。あとセキレイの誕生日はわからないくらいか。
 作者もこれでカラーは最後だそうな。次回は休載ですが、休載明けが鬱展開になるのだろうか。

 思春期のアイアンメイデン:月子は真山に可孵化の成長日記を見せる。そこで自分が見れない背中部分を見てもらうことにした。そして可孵化には媚粉という目に見えない細かい粒子が出て、男を興奮させる作用があるそうな。そしていろいろ調べた結果真山は何かを発見した。

 ディメンションW:ついに霧対策を見つけた。しかし次に疑問が湧いてくる。なんでもありの設定だが縛りがあると面白いネ。安定した面白さだった。
 エリザベスの髪の染料が落ちたためにミラはどこかで見た顔だと思っているようだが。

 のらうさぎ:読み切りですが、いろいろ変化球をつけてますね。
 一本目はオタクっぽい男がつきみを発見して驚いた。人間の姿をした異星人と推理するが当たってる。
 二本目はつきみが主役だ。彼女が主役なのはひさしぶりです。警官に職務質問され、自分が地球人ではないと疑われていると思い込んだ。違うぞ。

 死がふたりを分かつまで:護は井川の要望を聞く。望みは相手が一生娑婆に出てこないことだ。それを護は実行するつもりらしい。考えられるのは相手に犯罪を犯させることだが、犠牲者が出るのはダメだ。もっとも護ならなんとかできるだろう。ある意味殺されるより恐ろしい地獄を味合わされるだろうな。
 私は必殺仕事人系の作品は嫌いだ。確かに被害者は可哀そうでも犯人はあっさり殺して終わりなのは納得いかない。権力者なら権力を奪い、生き地獄を味あわせる方がいい。水戸黄門は悪人を懲らしめるが、暴れん坊将軍みたいに殺された方が楽だろうな。権力を失い、罪人として扱われるからね。
 そして護と源田の一騎打ちだ。どっちが勝つかな。

 オシエシラバス:まといはがんばりすぎてダウンした。くには今まで素直な受験生を相手にしてきたが、まといみたいなのは初めてらしい。そもそも前髪の隠れた少年は何者だろうか。
 次回で最終回だ。もう一人の同居人や、やしろとりしなは出るのだろうか。

 キッド・アイ・ラック:ひさしぶりに森永部長が登場した。彼もやおきんの出したつまらないハガキを聞いたが、さすがにショックを受けたようだ。厳しい修行をして帰ってきたよ。
 一方で明治は湖池に近づく。一体彼は何をしたいのか。危ない空気が漂う。
 一方江崎はやおきんが好きだが汚れたから愛される資格がないと思っているようだ。今さら思ったが登場人物の名前はお菓子メーカーの名前が多い。

 
セキレイ(14) (ヤングガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
極楽院櫻子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by セキレイ(14) (ヤングガンガンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

今回のセキレイはオールカラーだよ 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる