網走番外地 望郷篇

網走シリーズ第3弾です。今回は高倉健扮する橘真一の故郷である長崎が舞台です。

健さんは長崎に帰ってきた。彼は旭組の一員で、かつて安井組の組長(安倍徹)の太ももをドスで刺し、東京へ飛ばされた。そして網走刑務所に送られたのである。
旭組は真っ当な仕事をしていたが、安井組は気に喰わず意地悪ばかりしていた。

その間、母親はなくなり、墓は旭組の二代目組長の夫人(桜町弘子)が掃除していた。
橘は混血児の孤児、エミー(林田マーガレット)と知り合い仲良くなる。
彼女の母親は生きており、八代真智子は乾物屋で暮らしていた。

旭組はオランダから500トンの積荷の仕事を請け負ったが、安井組が邪魔をする。
人足たちが思うように集まらないので、橘は網走刑務所仲間たちを呼ぶ。トラブルは多かったが、なんとか仕事を終えた。

だが安井組は田中邦衛を拉致し殺害。倉庫の荷を盗み、旭組を陥れようとした。旭組長(嵐寛寿郎)はエミーからこのことを聞き、現場にいこうとした。しかし、安井たちに殺害される。
旭組に電報が届く。エミーの母親は彼女を引き取るとあった。橘はエミーを船に乗せる

怒りに燃える橘。彼は安井組に殴り込みをかける。安井を殺し、殺し屋の人斬りジョーこと、杉浦直樹と一騎打ち。橘は勝利した。
エミーはそのまま船で旅立っていった。

映画ではよくあることですが、同じ俳優でも役柄が違えば、演技も違う。

安倍徹。1作目では放火犯で八人殺しの鬼虎の知り合いだとホラ吹いてる男。最後は待田京介と手錠につながれたまま底なし沼に沈む。
2作目ではなぜか生きており、宝石強盗の黒幕だった。今回は安井組の組長として登場する。

待田京介。一作目では心中で生き残ったため自殺補助罪として登場。おかまっぽくシナを作ってた。最後は安倍と一緒。今回は旭組の組員として登場。非暴力を貫く橘を軽視していたが、橘の迫力に脱帽。最後は兄貴と慕う。角刈りの任侠のある演技でした。

田中邦衛。一作目は大槻で、二作目は桐川。今回は中田です。大槻の名は二作目ではアイ・ジョージが演じてます。田中さんは今回橘のピンチに駆けつけ、安井組に殺される。そのあと組長の死で、放置された。コメディリーフが飛んだとばっちりだと思う。

嵐寛寿郎。八人殺しの阿久田寅吉こと鬼寅。今回は旭組の組長として登場。どもった声ですが、迫力のある演技です。

中谷一郎。2作目は吉本として登場。今回は旭組の二代目として登場。入院しておりあんまり活躍してない。

関山耕司。1作目では教育課長。今回は中島。

由利徹。2作目はなんかルンペンの元締めだった。今回は人相の悪い男として登場。あんまりな名前だ。人相が悪いというよりひょうきんな男だった。

ジョージ吉村。1作目では囚人その他。今回はメキシコ風の男でした。それっぽい服装だったのでわかりやすかった。

沢彰謙。1作目は橘の養父として登場。2作目は折井原というやくざの親分。今回は沢として登場。石井監督の常連でもある。

あと林田マーガレットという子役がいますが、調べてみたけどこの人この作品にして出てませんね。黒人のハーフとして登場してますが、本物か、ドーラン塗ってそれっぽく見せているのかわかりません。

今回は流れるような展開でした。暴力に屈しない健さんが、組長を殺され怒りを浮かべるシーンはぐっとくる。
エミーとの公流や、若奥さんとの話などてんこ盛りだ。


網走番外地 望郷篇 [DVD]
東映ビデオ
2002-09-21

ユーザレビュー:
年末にかけて身頃とな ...
シリーズ最高傑作不幸 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ