ネギまの感想

休憩は終わり、戦いは本格化していくようだ。アキラのパクティオーはなしみたいだ。

栞は明日菜になっていた。明日菜がニセモノだと知っているのは小数だ。当然の配慮といえる。
ただ明日菜が知らない情報を口走るせいで、頭の中に妖精がいるように思われてますよ。
タカミチとクルトの戦いもひと段落したようだ。もはや一刻の猶予もならない。
もっともネギはあくまでみんなを旧世界へ帰すことは忘れていない。

最後は月詠の登場だ。
ここはすごく印象的だった。コレットあぶない!!
そこで雷化したネギ登場で終わる。

説明だけで終わるかと思えば、月詠がいきなり登場するとは思わなかった。
赤松先生は確実に少年漫画家として成長している。逆に言えばいままで成長してなかったということだ。

サイトを回るとくーふぇ役のHAZUKIさんが留学と結婚で引退するとのこと。
HAZUKIさんはくーふぇでデビューしたので、彼女以外、くーふぇは考えられない。
関係ないが超はチャイナ関係。チャイナ関係は声優が交代しやすいのだろうか?


魔法先生ネギま! 限定版(32)
講談社
赤松 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る