マガジン売ってなかった

コンビニに行ったけどマガジンが売ってなかった。たぶん大雨で発売が遅れたのだと思う。

ひさしぶりのネギまなのに出足をくじかれた感じだ。
しかし、これが幸運を引き寄せるのなら、ありである。

人生は思い通りにならないのが普通である。金持ちも貧乏人も思い通りにならず、いらいらしている。
いらいらをいかに解消しながら生きるのかが問題だ。

ネギは修行で自分を痛めつけ、両親のいない心の隙間を埋めようとしている気がする。
当初は教師と生徒。自分の宿命に他者を割り込ませる余裕がなかった。今は少し柔らかくなったが。

確かにネギは天才かもしれないが、幸せには見えない。ネギが自分を幸せだと思ってないのだ。
だからといって卑屈になるわけではなく、すべてを自分の中で片付けようとする。
闇の魔法と相性がいいのはこのためか。すべてを自分のものにする。ある意味わがままに見えるが、
他人のものではなく、自分の負の感情だから独り占めしていいと思っているのかも。
自分の悩みは自分でしか解決できないが、負担を和らげることはできる。
ネギの今後の課題はそれだ。彼の父親、ナギも仲間と一緒に戦った。
もっともラスボスは彼一人で斃したが、それには重要な意味があった。彼でしか倒せないからだ。

ネギが自分の闇を物とし、すべての闇を包み込めたのならネギは最強となるだろう。あと十年経てばナギと同じサウザンドマスター、及び、百万の魔法を知る魔法使い、ミリオンマスターとなるだろうか?





FIGUMATE 魔法先生ネギま! 学園編 全5種セット
コナミ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る