今日で5年目に突入です

 早いものでもう4年も経ちました。これも訪問者のみなさまのおかげです。ありがとうございます。

 当たり前のことですがネットは特定の個人だけが見るものではありません。不特定多数の人たちが見ます。たとえばガンダムと検索すれば、題名はもとより、その文章にガンダムがあればそれも検索対象となります。

 陰口でガンダムの悪口を書けば、それがメインは釣りのブログで、なんとなくガンダムの悪口を書いても、検索されます。もっともメインと比べればかなり後ろになりますね。

 もっとも本当のファンはファンでもない人間が悪口を書いても無視します。相手にする価値がないからです。絡むとすれば荒らしですね。荒らしは言葉尻を取り上げて難癖をつけるのがほとんどです。関係ないサイトの管理人に謝罪しろなど斜め上な自論をぶつけてきます。相手にしてはいけません。無視しましょう。

 最近は自覚なき荒らしが増えています。これは自分の自説を他人のサイトに延々と書くことです。別のサイトでもほぼ文章を変えた自説を展開します。これは管理人も最初は気づかず、あまりにコメントの数が尋常でなくなった時に気づくことが多いです。もっともゆるやかだと荒らしと認識はされず、他人が口を挟んでも解決しないことがあります。

 自覚なき荒らしは荒らしの自覚がないので自分がよく使うHNを使います。さらにサイトがあればアドレスも公開します。一昔の荒らしは自分を特定されることを嫌い、WEB拍手やメールフォーラムで足がつかないようにします。もしくは携帯電話で書き込むとかね。犯罪が絡めば携帯電話のIPアドレスで持ち主が特定されますからね。まあ自分がよく使うHNとサイトアドレスやメアドを記入するバカはいませんから。

 とかく荒らしの対応策は無視だけです。もっとも荒らしと言っても脅迫とかならともかく犯罪予告とかが絡まなければプロバイダは荒らしと判断しません。例えば釣りの話ですが、記事でマスを釣った、そしたらコメントにあなたの釣ったマスは小さいですねという皮肉は荒らしと判断されません。

 ただの批判や揶揄程度では動きません。以前あるサイトでこのコメは荒らしではないかと管理人にメールを送ったら、荒らしと判断できないと書かれていた。プロバイダも同じです。

 あとなりすましが出たら落ち着いてそのアドレスをプロバイダに送りましょう。とにかく問題が起きたらプロバイダに連絡して相談することが重要です。

 ただコメを荒らしと判断するのはやはりそこの管理人です。掲示板などの雰囲気をどう感じるかは管理人が判断します。その要因が何処にあり、どう対処・処理するかも管理人が判断します。
 
 管理人の要望・指示を無視する訪問者に対する処置はそこの管理人が判断します。荒らしのコメが管理人の意思でさらされるわけです。そして謝罪はその人の関係を改善したい、継続したいと思う行動です。第三者があのサイトの管理人に謝罪しろと言ってきても実行する意義も必要性もないですね。

 書きたいことはネットであろうとも誠実に生きるべきである。自分の行動は他人が見て判断します。自分に恥じないことが大事ですね。もっとも自覚なき荒らしは推量が苦手で、言外の含みを推し量れない。明文化されていないことは許可行為と認識します。多いかもと書けば、多いと言い切っていると決めつけます。

 守るべきことは3つ。緩やかな推量でのぼかしをやめる。とにかく明文化する。そして反論に反論しないことです。表現の幅は減るけど揚げ足どりの確率が減ります。ネットはいろんな人間がいる。余計なトラブルに巻き込まれたら無視するか、プロバイダに報告する。これが一番の解決法です。

 長くなりましたが、私がネット生活十年以上で得た経験をもとに書きました。役に立ってくれれば幸いです。


明日花キララコンプリートBOX [DVD]
株式会社h.m.p
2010-06-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 明日花キララコンプリートBOX [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル