再び魔法先生ネギま!第21巻感想

 もうネタがないから単行本の感想に戻ります。

 ネギがいきなり襲撃されたのは驚いた。しかもチャオ戦でもなかった血みどろフィーバーだ。もう明日菜たちもギャグ顔ではなく、シリアス顔だ。ギャグ顔は状況を把握していない裕奈たちだ。

 フェイトが久しぶりに登場したので興奮しました。圧倒的な戦闘力でネギたちをねじ伏せる様は、エヴァの修行はなんだったのかと絶望感に落とす感覚でした。もっとも敵を倒すのではなく、ネギを治療するために仲間たちが連携したのも見事です。

 そしてここからがネギま最大の事件、仲間たちが魔法世界にバラバラに飛ばされたことです。当時この展開には胸を熱くしたものです。いままで明日菜と木乃香が保護者として一緒だったのに、魔法世界では茶々丸と千雨が保護者になったのです。

 特に茶々丸が素晴らしい。水洗いに裸体を見せ、ネギを襲う魔物に対し、敵意をむき出しにする。そして茶々丸のねじまきであえぐのである。それも千雨と合流するまではですが。後小太郎も。

 そしてネギたちはフェイトのせいで賞金首にされてしまった。広い魔法世界から警察機構? に見つからず仲間を探す緊張感がはんぱなかったです。さらに弱り目に祟り目で亜子、アキラ、夏美が奴隷にされてしまいました。もっとも法律できちんと定められているもので、理不尽な暴力は許されないので、ここらは安心ですか。

 この世界では奴隷のほうが安全な職業ぽいので、ドルネゴスは悪意だけで奴隷にしたとは思えない。あまりに深刻な状況だと読者がドン引きするからだろうな。

 朝倉とさよも合流できたし、あとは亜子たちを解放するための金を稼ぐだけです。

 あと魔法世界ではナギの評判は分かれている。バルガスやごろつきたちのようにナギを憎んでいる人間が初めて出てきた。もっとも子供が喧嘩して負けて悔しいというレベルで、ナギに似ているネギをぶん殴ってスカッとしたいという程度だ。

 ネギとしては麻帆良ではナギをたたえる声ばかり聴いていたから、反対の意見は新鮮かもしれない。麻帆良祭では出番が少なかった小太郎もネギと組んで拳闘士になり、活躍していくだろう。私はこの展開にわくわくした。赤松作品は悪い意味でお約束の話ばかりだったので、ありでした。


魔法先生ネギま!(21) (少年マガジンコミックス)
講談社
赤松 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法先生ネギま!(21) (少年マガジンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル