江保場公園

アクセスカウンタ

zoom RSS レイトン教授VS逆転裁判 感想その4

<<   作成日時 : 2012/12/04 18:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今日やっとクリアした。面白かった。

 クリアしてなるほどと思いましたが、同時に設定の甘さも目につきました。

 それを差し引いても面白かったです。

 キャストではオリーブは相沢舞さんで、アルグレイは斉藤千和さんでした。サイバンチョは外波山文明さんです。こち亀のアニメで月光刑事を演じた人です。他にもいたけど忘れました。ちなみに巧舟氏はボロゾーキンという役で出てました。

 ナゾは自力で解くとすごい快感です。裁判パートはヒントを使えば難易度は下がります。これもまたヒントを頼らないでクリアしたいですね。長い間時間が空くと忘れるし。

 ただ設定が人によっては卑怯と感じるかもしれません。そもそもレイトン教授と成歩堂龍一の世界は異世界ではなく、れっきとした現実世界です。そんなふたりが出会う場所は異世界以外なかったのでしょう。ですが真宵はいったい何しに来たのかと思いました。得意の霊媒をすればよかったのに、それすらない。もっとも私としてはひさしぶりの真宵に大喜びですが。

 どちらかシリーズをプレイした人はすんなり入っていけると思います。やっぱりナルホドの声が問題あるかと。映画ではそんなに不自然ではなかったのですが、やはり声だけの演技は難しいものですね。逆転裁判5でも演じるのでしょうか。この作品だけにしてもらいたいですが。


レイトン教授VS逆転裁判
レベルファイブ
2012-11-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レイトン教授VS逆転裁判 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

レイトン教授VS逆転裁判 感想その4 江保場公園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる