引っ越し

 今度FC2のブログに引っ越しします。こちら。  うちのおやじがビッグロブやめて別のにすると言い出したから、それ以外のブログに引っ越す羽目になりました。  インポート作業がうまくいかず、四苦八苦の状態です。インポートしてしまい記事が倍に増えるというミスを犯しました。まいりますね。  ここでのブログ更新は今日で終了します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い

 冷える。  手足が冷たくて仕方がない。もっとも今行っている場所がひどいだけで、実家はそれでもない。  どうでもいいが今気になるものがある。  水龍士というゲームだ。詳しい内容はこちら。  もちろん私はプレイしたことはない。ではなぜ知っているのかというと、二十数年前小学館で出ていた月刊PCエンジンで知ったのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムウォーリア 最近の作品は過去作品の補完が多い

 今回はジェネラルの裏側、フルセン王国側を描いた作品です。  主人公はロクト。エルフィンの右腕ロックスの息子だ。三兄弟の一番上です。ちなみに名前は出ないが母親は生きてます。三兄弟と妹のロージー合わせて四人産んでますよ。  エルフィンはロクトに結婚しろと命じる。お嫁さんはエリザベードという人形のように美しい女性だった。ロクトと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今回のセキレイはオールカラーだよ

 何のためのカラーなのかは不明ですが。  皆人の誕生日でケーキを作ろうとしたが失敗。篝を除いてお風呂に入る。それだけです。あとセキレイの誕生日はわからないくらいか。  作者もこれでカラーは最後だそうな。次回は休載ですが、休載明けが鬱展開になるのだろうか。  思春期のアイアンメイデン:月子は真山に可孵化の成長日記を見せる。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプの感想

 二月中旬になっても染み込む寒さが続く。国道は雪が溶けてどろどろになっていた。シャーベット状態の路面は一番危険です。  暗殺教室:イツナとシロは殺せんせーのデータをそろえていた。しかし渚たちは自分たちが長く接していたのに、後出しじゃんけん風に殺せんせーが殺されると思っていた。  しかし殺せんせーのほうが一枚上手だった。殺せんせー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片腕マシンガール ネタバレ注意

 二〇〇七年に公開された井口昇監督作です。  アメリカで製作されたので規制が緩いですね。冒頭で作品の正しい見方がありましたが、それに井口監督自身が出てました。パンツ一丁でよく出られたものだ。  あらすじはアミ(八代みなせ)とユウ(川村亮介)の姉弟がいました。二人の両親は殺人容疑をかけられ自殺してしまい、この世で二人の家族です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当はエロいグリム童話~ RED SWORD レッド・スウォード ネタバレ注意

 二〇一二年に公開された友松直之監督作です。  役者の数が少ないし、舞台が狭い。低予算映画の決定版だ。それを補うのは亜紗美さんのアクションと、仁科百華の濡れ場であろう。  亜紗美さんは赤ずきんを被っているが、下の服はへそだし、ミニスカートで尻丸出しになる。どうみてもスタントには見えない力の入ったシーンの連発だ。孤独の戦士なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俺の彼女と幼馴染が修羅場過ぎる 第6話感想

 第三の彼女秋篠姫香が登場した。千和と真涼には元カノとごまかす。それ誤魔化せないよ、誤解されるよ!!  姫香は人見知りで中二病。当然友達はおらず体育でもぼっち。そこを偶然駅前で鋭太の痛いバーニングファイターの設定を見て、運命を感じた。いわゆる同類だと思ったんだろうな。姫香は現役バリバリの中二病だ。もっとも真涼はすぐに見抜いているが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムキャッスルの男たち

 ハーレムウォーリアは明日発売ですが、密林で注文しているし、感想はまだまだ先ですね。  なんとなく思いついたのがハーレムキャッスルの男たちを二次創作することです。基本的にハーレムシリーズは女性がメインのため男の描写は主人公以外皆無です。  クリームヒルト公:グロリアーナとディアーネの父親です。老人というから枯れ木のような感じ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

すごく寒い

 雪がぱらぱら降っていた。  積もるほど降っていたので雪かきがうざかった。さらに凍るほどの寒さで手袋が凍りかけた。  関係ないが白い恋人は子供のころ父親が出張でよく買ってきてくれました。あとはノースマンか。  北海道には石屋製菓の他に六花亭やロイズなどありますし、花畑牧場もあります。お菓子はいいよね。心が癒されます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイム ネタバレ注意

 二〇一一年にアメリカで公開されたアンドリュー・ニコル監督作です。  近未来が舞台で人間は二五歳になったらそこから成長が止まり、時間が通貨になる世界であった。  貧乏人は時間が少なく、金持ちはいつまでも不死でいられるという格差社会だ。金なら我慢できるが時間だと致命的なので緊張感が生まれる。  主人公のウィル(ジャスティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マネーボール ネタバレ注意

 二〇一一年にアメリカで公開されたベネット・ミラー監督作です。原作は実話です。  アメリカの資本主義が露骨に表現されている作品で、それに立ち向かう痛快さがありました。  メジャーリーグでは資金が潤沢な球団ほど有能な選手を速攻で引き抜くのが常識と化していた。弱い球団で選手を育ててもすぐ金を積まれると移ってしまうのである。ここら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプの感想

 今日は雪が降ったり止んだりしていた。相変わらず手袋が凍る寒い日でした。  ワンピース:カリブーはババアと別れた。いったいどうなるのか。  パンクハザードではG-5の海兵が防護服を着て作業中だ。ベガパンクが作った毒を完全に遮断するのだが、シーザーがうそをついて毒ガスを浴びさせていたのだ。茶ひげも仲間を解放するために作業する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俺の彼女と幼馴染が修羅場過ぎる 第5話感想

 鋭太はラブレターをもらいました。でも内容が抽象的すぎです。  今回は第3の女こと秋篠姫香の登場です。前回は後ろ姿だけでしたが、やっとメインに絡みます。ちなみに彼女が鋭太に惚れたのは駅前での厨二病設定のせいです。自業自得だ。中の人は侵略イカ娘です。  今回は千和と真涼の絡みが面白かったです。真涼が千和をからかって遊ぶのが楽し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムウォーリアのヒロインの名前

 ヒロインの名前はエリザベートだ。詳しくはこちら。  あらすじはフルセン王国の名門の跡取り息子ロクトは、国王の命令によりその従姉と政略結婚させられることに。   しかし以前より使用人と愛人関係にあったため、花嫁と微妙な関係になってしまう。しかも花嫁が付けたお目付役にも手を出してしまい!?  ヒロインは従姉のエリザベートの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノゾキアナのアニメ

 今まで気づかなかったノゾキアナのアニメの情報です。  公式サイトはこちら。  第13巻の単行本につくようだ。価格は3990円。ODA形式だ。まあテレビなんてありえないしね。ブルーレイ版はディレクターズ・カットなどが加えられているという。  キャストはこちら。  城戸龍彦:平川大輔。  生野えみる:霧ヶ峰沙羅。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ鶺鴒計画も最終局面に突入したよ

 今号は16ページだ。単行本は3月25日に発売だそうです。私の誕生日と同じだけど北海道は二日遅れで発売されます。  神坐島には八か所に神器を設置する場所がある。神器をそれぞれに設置することで葦牙を救うのだ。しかも制限時間は5分。皆人の場合は神器がふたつだから間に合わない!!  とおもいきや御中が来て神器をひとつ設置することに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプの感想

 今日は雪が降った。立春で暦の上では春だが、北海道はまだまだ寒い。  ワンピース:カリブーを婆が石を投げて追い払った。漫・画太郎並みに脱がないけど、強いな。  ローはルフィにカイドウを倒すまで同盟を組むという。ローの案に乗って30パーセントの確率なのだという。どういった勝算があるのだろうか。百獣というからライオンに近いのだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忍たま乱太郎 実写版 ネタバレ注意

 二〇一一年に公開された三池崇史監督作です。原作は尼子騒兵衛先生の漫画です。  なんかねアニメの印象が強いもんだから、乱太郎役の加藤清史郎くんの声に力がないんですよ。やっぱり声優の演技と実写の演技はまったく違うってことですね。あとしんべえ(木村風太)ときり丸(林遼威)のキャラも弱い。声はおろか、きり丸のがめつさにしろ、しんべえの空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

るろうに剣心の感想

 和月先生の健康はやばいのだろうか。養生してもらいたいですね。  刃衛は薫をさらいに来る。殺人鬼でも真剣でないと殺す価値がないらしく、半殺しにとどめている。薫に対しては素手すら出さず、ひとにらみで戦闘不能にするのであった。  剣心は一刻も早く薫救出に向かうが、外印が追ってくる。連載当時だと中身は老人でしたが、キネマ版は美形に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラゴン・タトゥーの女 ネタバレ注意

 二〇一一年にアメリカで公開されたデヴィッド・フィンチャー監督作です。  アメリカで公開されたけど舞台はスウェーデンです。原作がスウェーデンだから。  雑誌記者のミカエル(ダニエル・クレイヴ)は実業家の不正を記事にしたが、名誉棄損で訴えられた。ある日金持ちのヘンリック・ヴァンゲル(クリストファー・プリマー)から一家族史編纂を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俺の彼女と幼馴染が修羅場過ぎる 第4話感想

 鋭太は千和を応援しているのに、千和は泣きじゃくる。全く理解できない主人公に視聴者は苛立っていた。  千和の初デートを鋭太と真涼が遠くで見守る。坂上先輩はこない。来たのは1時間後だが実は千和をからかって遊んでいただけだった。げらげら千和を笑っているが、千和はその気が全くないことに気づいてない。ある意味滑稽である。  もっとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェディングの漫画の感想

 今日届いた。漫画関係は2日くらいで届くが、文庫本はなぜか4日以上かかる。  カルシド、クラミシュ、ルキアナ、ドリーリアは新婚旅行に出かけた。メインはドモス本国だが一度バタフライ領に寄ることになった。バタフライ領主オフィーリアはクラミシュの従姉妹であり、レズだちであったので気まずいのだ。  オフィーリアが出るのは意外だった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more