テーマ:ハーレムシリーズ

ハーレムウォーリア 最近の作品は過去作品の補完が多い

 今回はジェネラルの裏側、フルセン王国側を描いた作品です。  主人公はロクト。エルフィンの右腕ロックスの息子だ。三兄弟の一番上です。ちなみに名前は出ないが母親は生きてます。三兄弟と妹のロージー合わせて四人産んでますよ。  エルフィンはロクトに結婚しろと命じる。お嫁さんはエリザベードという人形のように美しい女性だった。ロクトと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハーレムキャッスルの男たち

 ハーレムウォーリアは明日発売ですが、密林で注文しているし、感想はまだまだ先ですね。  なんとなく思いついたのがハーレムキャッスルの男たちを二次創作することです。基本的にハーレムシリーズは女性がメインのため男の描写は主人公以外皆無です。  クリームヒルト公:グロリアーナとディアーネの父親です。老人というから枯れ木のような感じ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハーレムウォーリアのヒロインの名前

 ヒロインの名前はエリザベートだ。詳しくはこちら。  あらすじはフルセン王国の名門の跡取り息子ロクトは、国王の命令によりその従姉と政略結婚させられることに。   しかし以前より使用人と愛人関係にあったため、花嫁と微妙な関係になってしまう。しかも花嫁が付けたお目付役にも手を出してしまい!?  ヒロインは従姉のエリザベートの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェディングの漫画の感想

 今日届いた。漫画関係は2日くらいで届くが、文庫本はなぜか4日以上かかる。  カルシド、クラミシュ、ルキアナ、ドリーリアは新婚旅行に出かけた。メインはドモス本国だが一度バタフライ領に寄ることになった。バタフライ領主オフィーリアはクラミシュの従姉妹であり、レズだちであったので気まずいのだ。  オフィーリアが出るのは意外だった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二重王国のまとめ

 二重王国をまとめてみたいと思う。  『女王汚辱』元はオルシーニ王国でマリーシアが国王に即位したときから始まる。サブリナ王国の女王ヴィシュヌに対してマリーシアはセリューンを軍師に起用する。そして三人は結婚し二重王国が生まれた。  ヴィシュヌには忍者のカルラ、軍師のシャリエラがいる。  『ハーレムミストレス』サブリナ派のユー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムウォーリアはどうなるのか

 感想は一旦やめます。  ウォーリアはフルセン王国の名門貴族の跡取りロクトです。政略結婚するそうですが、いろいろ女性が出ます。  お姫様っぽい人と、褐色の美女と、執事っぽい女性の三名です。レジスタンス2以来ですが絵柄がパステルカラーぽいです。  あとレイテやヴァレリアは出るだろうか。三作品連続でてましたからね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムレジスタンス2 最終決戦を詳しく書いているよ

 レジスタンス2は人気絵師かん奈先生が確保できたので、製作された逸話がある。竹内先生は絵師に合わせて他の作品と組み合わせることがある。もちろん例外はあるが。  正直に言えばレジスタンスはあまり好きじゃない。なぜかといえば主人公に共感ができないのだ。ハーレムシリーズではあまり読み返さない作品だ。以前ハーレムシリーズ関係で異常なまでに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムオーシャン 海龍を倒す漁師の話

 事情があり、ハーレムシリーズの感想を木曜に書きます。  ハーレムオーシャンは翡翠海のローランス王国が舞台です。  翡翠海はパイレーツで有名ですが、作品の数が少なかったです。  主人公は漁師で、兄を殺した海龍を倒すために日々精進しております。ある日お姫様のシャルロットを拾いました。彼女はパイレーツ2に出ていたエヴァリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムテンプテーション 女を落とす忍者少年

 テンプテーションはキャッスル4発売後にひと月で出た。まあ先にキャッスル4を仕上げ、絵師が仕事をしている間、書いたのだろう。  舞台はラルフィント王国にある夜烏衆。主人公はハヤテという少年である。  彼の父親はふたりの剣舞でイレーネに殺された忍者だ。読者も忘れたような脇役から主人公を生み出すとはさすがです。ただ頭目の名前がレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のハーレムシリーズで思ったこと

 今年も6冊出ました。  ハーレムスチューデント:ドモス王国は首都フェンリルが舞台です。主人公はネフティス王国の貴族。ヒロインはロレントの娘ふたりに、クブダイの娘でカルシドの姉であるサメロ。ロレントの娘は第2王女はセレスト地方の貴族の娘ドラグリア。第三王女はバージニアの従者の娘ヘンリエッタ。ふたりは双子ではないが同じ日に生まれたと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハーレムアサシン 暗殺者の少女が心を開くよ

 今日届いた。どうも小説は届くのが遅い。  時期はクライシスより五年後で、舞台はラルフィント王国のレナス領。主人公はバージゼルとオグミオス三姉妹の三女アーリーの息子、クリエートです。クリエートはレナス領内にある暗殺組織壊滅を指揮しており、その際に暗殺者の少女と出会った。  クリエートがアーリーの息子と予測できた。単純に消去法…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハーレムキャッスル4 今度は海外に舞台を移す

 来年のハーレムシリーズはハーレムウォーリアだよ。挿絵はレジスタンスとジェネラルのかん奈先生です。  キャッスルも4作目になったが、別に伏線が貼ってあるわけでもなく、あくまで人気が出たから続編出した感じですね。もっともハーレムシリーズではキャッスルの方がキャラが立っているから続編は当然だと思う。  今回はダリシン王国にフィリ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハーレムシスター2 再び亡命元王子が動き出した

 シスター1は二〇〇七年に発売され、シスター2は二〇一一年に発売された。四年経っての続編である。  シスター1から一年ほど経ったドモス王国エクスター地方で、亡命元王子ヒルクルスが現れた。エクスター地方レヴィ領領主ヴィクトリアに恩を売るためだ。  入った酒場でいきなりヴィクトリアの暗殺を持ちかけられるのだが、やはり都合が良すぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムマーシナリー 傭兵を雇って村を守ってもらおう

 時期は大体ジェネシスあたりだと思う。舞台は新しくニーデンベルク王国であり、主人公は傭兵です。  傭兵と言えばファミコンのゲーム、ファイヤーエムブレムを連想した。傭兵は素早さが高く、二回攻撃をよく出すが、代わりに防御力が低いのが難点だ。クラスチェンジすれば勇者になったっけ。    第2章では傭兵のオズマと戦士のサジ、マジ、バー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムウェディング第3話 感想

 メガミクライシスはヒロイン凌辱がメインだが、それはウェディングだけではないです。  カルシドたちは新婚旅行に行くらしい。ルキアナは朱雀神殿にいってユーフォリアに会ってみたいという。でもシスターの時代とウェディングの時代は14年ほど開きがある。でも神保先生だからあり得るかも。ヒルクルスも登場できるかもしれない。  一方ティフ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハーレムダイナスト下巻 そして伝説へ……

 ハーレムアサシンが12月26日に伸びた。ラルフィント系では珍しいかな。それに画像はいまだ公開されてない。なんか扱いが悪い気がする。  それはともかくダイナスト下巻だ。新書版とくらべるとかなり変更されている。  重い表現が緩和された感じか。名もなき娘がロレントに救いを求め、ドモス兵に連れて行かれるシーンとか、クラナリアの女性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムダイナスト上巻 黄金竜を従えた王国のリメイクだよ

 竹内けん先生は次回作は伸びると書いた。ハーレムアサシンのことだろうか。  ダイナストは新書版の内容に今までのハーレムシリーズのネタを入れている。  絵師は当時と同じせんばだ楼先生だ。白っぽい絵柄だったが10年の歳月でかなり絵柄が変わった。おかげでナジャが色気の塊からかわいらしい容姿になった。  ダイナストは序章にクラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムアサシンの最新情報

 エロライトノベルWIKIが更新されてた。  主人公の名前はクリエートで青年・名門貴族レナス家の嫡子だそうな。つまり舞台はラルフィント王国というわけだ。  ヒロインは暗殺者として育った少女と、クリエートの補佐役の女騎士、そして町娘だそうな。女暗殺者と女騎士はともかく町娘はなんだろうね。  絵師はエンゲージと同じあさいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムミストレス 兄嫁と義母と義理の妹とエロエロだね

 ハーレムシリーズでは初めての人妻エッチか? ウェディングのティファーヌの夫はロレントだが、すぐ下肢したしな。  時期は女王汚辱で二重王国が成立して間もない時期だろう。舞台は二重王国はサブリナ王国のユージン領で、主人公はそこの領主の弟であるランディだ。彼は兄エレンツォが出征するので、兄嫁であり、オルシーニ王国のレイモンの娘ユリシカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムジェネラル C調スチャラカ将軍の登場だ!!

 ハーレムジェネラルはかつて二次元ドリームマガジンで連載されており、単行本になった時は最終章が加筆されました。  フレイア王国のリュシアンは父親が王太子だったけど、暗殺され、弟のマドアスが王位を継いだため、宙ぶらりんの地位になった。毎日女性と遊ぶ日々だがフルセン王国がうるさくなったので、将軍になってフルセンを撃退することとなる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムシリーズの次回作はハーレムアサシン

 実は二年前に予想したのですが、当たったと言えるだろうか……。  絵師はあさいいちこ先生でかつてハーレムエンゲージの絵師でした。  当時はいまいちな絵柄でしたが、今はかなりうまくなってます。約6年ぶりになりますね。  またラルフィントでしょうか。キャッスル関係でなさそうなのは予測できますが。なんとなくですが戦記物として…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハーレムシーフ でもやってることは女性の下着を掏るだけ

 ようやく届いた。時間がないので密林で買ったが、時間がかかりすぎです。  絵師はSAIPACo先生だ。かつてウィザードアカデミーの絵師を担当した。4年ぶりというわけだ。  舞台はラルフィント王国のバーミア。カーニバルでは盗賊ギルドなるものがあったが、主人公ロンが所属するのは口入屋だ。掏りの技術はあるが許可なしでは使えない。先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムジェネシス 主役は乳母様!?

 ハーレムシリーズの節目である作品です。  見どころはアレックスの疑似男色だ。クールビューティな美人が男装して主君とエッチする。中絵ですでにネタバレしているから問題ないよね。  さらに面白いのは乳母のフランギースだ。ジェネシスは彼女が支えていると言っても過言ではない。  惜しいのはユーディだ。どうも影が薄い。悪女っぽく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムウェディングの漫画第2話

 メガミクライシスの鹿表紙を飾ってます。一応話は繋がっているようだ。  風呂でくつろぐカルシドにルキアナとドリーリアが迫る。クラミシュは正妻に胡坐をかいているが、ティファーヌは正妻より側室のほうがすごいという。  ルキアナは鞭、ドリーリアはなぜかポールダンスとカルシドを誘惑するが、カルシドと3人で楽しんだ。  なんでウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムディスティニー 僕の運命はある女性で変わった

 ディスティニーとは運命という意味だ。  舞台はインフェルミナでクライシスと同時期です。インフェルミナ奪回作戦の裏側で、徴兵されたものたちの運命を描いている。と書けばそれらしいが、実際はネタがないから裏側を書いたのかもしれない。  絵師がクライシスと同じだから、シャロンをケイトの姉にしたのだろう。ケイトは赤で、シャロンは青。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムロイヤルガード 小悪魔プリンセスが引っ掻き回す

 ロイヤルガードはキャッスルより二〇年昔の話です。  主人公のパウロはシェルファニール王国の若き宰相です。国王マクシミリアンは薨去してしまい、一〇歳のマティアスが王様になりました。もちろん政治は母親であるマリアルイズがします。  この時代でも乱世のようで、老臣などは前国王が暗殺であれば戦争を起こせるなど物騒な発想を持ってます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムマイスター 俺の名刀で鍛えてやろう

 ハーレムマイスターはハーレムシリーズでは異質な作品でした。脇役が主役になったのです。  ジェルクリーナスという名前はふたりの剣舞で出てきた。魔法剣を作った伝説の刀鍛冶で、エンゲージでもアーリーのために剣を打った。剣舞の時代では老人で孫娘の下着を拝借するスケベ爺だったそうだが、若いころはもっとドスケベだった。  師匠のペンテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムプリズナー 別の視点だと主人公は悲惨なんですね

 プリズナーとは囚われという意味。主人公は敵側の捕虜になった。  主人公ヘリオードは山麓朝の人間で、同僚のレナス領のバージゼルが謀反を起こしたので戦った。しかし計略により山麓朝は崩壊。ヘリオードは針のむしろのごとく槍を刺されたが、蘇生させられた。  その後バージゼルの娘であるネメシスがヘリオードを預かり、調教しようとする。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

十月の新作はハーレムシーフだよ

 ハーレムシリーズの最新作の名前が発表されました。  ハーレムシーフ。ヒロインはお姫様に女怪盗、女魔法戦士です。主人公は盗賊です。絵師はウィザードアカデミーの人です。ラルフィント系だから舞台はラルフィントだろうか。カーニバルでは雲山朝のバーミアには盗賊ギルドがあるそうだから。  もっとも女怪盗はレジスタンスのレイテが先だ。正…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハーレムウェディング 俺の嫁は四人だ!!

 メガミクライシスでウェディングがコミカライズしたが、なんでこの時期なのだろうか。二〇〇九年に発売されて久しいのに。サーヴァントの挿絵にクラミシュが出たからだろうか。  別にウェディングの漫画に納得できないわけではない。むしろ同じ絵師が漫画化することに胸がわくわくだ。というか絵師が自らコミカライズしたのは神保玉蘭先生が初めての気が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more