テーマ:鈴木則文

大阪ど根性物語 どえらい奴 ネタバレ注意

1965年に公開された鈴木則文監督作です。デビュー作で白黒です。  話は藤田まことさんが大正時代を舞台に葬儀屋に成り上がることです。大正時代では珍しい霊柩車を使うことでほかの葬儀屋と差別化するというのです。  現代では葬儀はお寺ではなく、セレモニーホールを使うことが多いです。それを経営するのは生花店です。もちろんお坊さんは呼び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多羅尾伴内 ネタバレ注意

 一九七八年に公開された鈴木則文監督作です。  マイトガイ小林旭が活躍するサスペンス物です。  プロ野球選手が試合中に殺され、アイドル歌手が胴体真っ二つに殺された。  見るからに冴えなさそうな多羅尾伴内は得意の変装で犯人を追いつめる。火曜サスペンスでは殺された夫と子供の仇を討つために人を殺す妻。それが夏樹陽子さんなので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳川セックス禁止令 色情大名 ネタバレ注意

 1972年に東映で公開された鈴木則文監督作です。  江戸時代、11代将軍徳川家斉の時代です。彼は21人の妾に54人の子供を作ったそうです。これは鈴木監督のエロ将軍と21人の妾に似ています。  で、大量生産された若君と姫君の後始末に家臣たちは躍起になり、清姫(杉本美樹)の嫁ぎ先は九州の小倉忠輝(名和広)に白羽の矢が立ちました。し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女番長ブルース 牝蜂の挑戦 ネタバレ注意

 1972年に公開された鈴木則文監督作です。  鈴木監督と出演の池玲子さんの相性は抜群でございます。ちなみに女番長と書いてすけばんと読みます。女番長シリーズ第2弾だそうです。  マキ(池玲子)を中心としたパール団は京都で活躍していた。渡辺やよいに舞妓の格好をさせ、ポルノ写真を修学旅行の学生に売りつけた。そこに黒百合団のボス、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドカベン ネタバレ注意

 1977年に公開された鈴木則文監督作です。水島新司先生の同名漫画が原作です。  映画は初期のエピソード、山田太郎が柔道部で奮闘する話です。  山田太郎役に橋本三智弘さん。岩鬼正美に高品正弘さん。長島に永島敏行さんです。  OPでは朝比奈麗子役の山本由香利さんが本屋で小学生にドカベンの単行本を売ってました。漫画のような演出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堕靡泥の星 美少女狩り ネタバレ注意

日活ロマンポルノなので未成年は読まないように。東映の鈴木則文監督作というから驚きです。 1979年に公開されました。 ある雨の晩、強姦殺人犯、蛭川源平(山本昌平)は、神納康久(名和宏)の家に押し入り、金を奪うと、縛りつけた康久の前で、妻のとき江(飛鳥裕子)を犯した。東映ポルノだと派手だったが、ロマンポルノなので少し過激に、淡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華麗なる追跡 ネタバレ注意

1975年に公開された鈴木則文監督作です。 題名は華麗なる追跡ですが、とても華麗とはいえないのが難点です。 鈴鹿サーキット。轟音を響かせて爆走するレーシング・カーの中に、紅一点の矢代忍(志穂美悦子)。アメリカのレースで優勝経験のある忍は、日本でのデビュー戦でも見事優勝する。 はっきりいってレースシーンの画質は悪い。逆にえっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温泉スッポン芸者 ネタバレ注意

1972年に公開された鈴木則文監督作です。温泉シリーズ第5弾です。 夏子(杉本美樹)はストリッパーとして活躍しており、姉(村松康世)には大学には行ってないけど、大学行ってるとうそをついていた。しかし、夏子のファンである教授(由利徹)は偽者と見抜いてしまった。一見由利さんは切れ者に見えるが、夏子の陰毛をしゃぶるなど変態ぶりを発揮して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吼えろ鉄拳 ネタバレ注意

1981年に公開された鈴木則文監督作です。アクション監督は千葉真一さんです。 冒頭で真田広之がギャングぽい連中に追い込まれ、蜂の巣にされて死んだ。 主人公の響譲次(真田広之)はアメリカ・テキサスに住んでおり、ネイティブアメリカンにトマホーク投げを教わったり、乗馬などして楽しく暮らしていた。 父親の鉄心(石橋雅史)が死に際に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温泉みみず芸者 ネタバレ注意

1971年に公開された鈴木則文監督作です。 池玲子さんと杉本美樹さんのデヴュー作です。池さんの家系は代々蛸壺の持ち主を輩出してきたらしい。しかし時代の流れか、先祖の墓は抵当に入っているというおちぶれぶりだ。 母親の松井康子は淫乱で男をくわえ込まねば気が済まず、若いツバメの由利徹さんにだまされるという体たらくだ。そもそも由利さんを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少林寺拳法 ネタバレ注意

少林寺拳法の開祖である宗道臣のドキュメント映画なのだが、出演が千葉真一と監督が鈴木則文なので、むちゃくちゃになっている。1975年公開の作品だ。 宗氏は最初中国で活躍していた。しかし日本は負けたと小松方正に言われてショックを受けた。そして日本に帰り闇市で無法者を相手に喧嘩を繰り返していた。 警察官の大泉晃はヤクザから賄賂を受け取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖獣学園 ネタバレ注意

1974年に公開された鈴木則文監督作です。 魔矢(多岐川裕美)は修道院で死んだ母親と、自分の父親が誰かを調べるため、修道院に入った。その前にシャバの空気を堪能してから。 修道院には札付きの悪松子(山内えみ子)がいて、魔矢に突っかかる。しかし、魔矢が副院長の村松(三原葉子)を知り合いの谷隼人に抱かせたことを知り、仲良くなる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忍者武芸帖 百地三太夫 ネタバレ注意

1980年に公開された鈴木則文監督作です。時代劇物ですが、ところどころいい加減です。もっとも娯楽性は高いので問題はないです。 主人公は真田広之。時代劇にふさわしくないいでたちで、師匠の千葉真一を仇と狙い、仲間たちと戦います。ちなみに千葉ちゃんの元奥さんの野際陽子さんは百地の奥さんで、冒頭で自害しました。 真田さんは百地三太夫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラック野郎 故郷特急便 ネタバレ注意

1979年12月に公開されたトラック野郎第10弾です。シリーズ最後のトラック野郎は最後まで鈴木則文監督でした。 第10弾はマドンナが二人います。 ドサ回りの演歌歌手ゆか(石川さゆり)とふみこ(森下愛子)です。 高知は土佐が舞台です。 ある日桃次郎(菅原文太)はトラック野郎の黒潮(原田大二郎)にちょっかいをかけられた。ちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラック野郎 熱風五千キロ ネタバレ注意

1979年に公開されたトラック野郎シリーズ第9弾です。監督は鈴木則文です。 今回は少し毛色の違う作風です。 桃次郎(菅原文太)がマドンナに惚れるのはあいかわらずなのですが、今回は夏に扮する小野みゆきさんです。今までは清楚な女性でしたが、小野さんは山猫と呼ばれるほど気の強い女性です。 小野さん自身も日本人離れした美貌ですし、強靭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラック野郎 突撃一番星 ねたばれ注意

1978年に公開されたトラック野郎第7弾です。鈴木則文監督作です。 冒頭で桃次郎(菅原文太)はUFOに凝っていた。映像もトラックが空を飛んだりと無駄に特撮技術を駆使している。 もっとも女の宇宙人とちょめちょめしたいという下心があるんですけどね。 フェリーではUFOと交信しようとするがジョナサン(愛川欣也)は呆れ顔。そこに樹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラック野郎 望郷一番星 ねたばれ注意

1976年に公開されたトラック野郎第3弾です。鈴木則文監督です。この作品で200本の映画を紹介しました。 昨日ウェブの映画で21位になってた。他にも何百本も感想書いてるブログもあるのに。 しょっぱなから広島県警の室田日出男と川谷拓三がトラックの積載検査をしており、松鶴家千とせをいじめていた。 「俺が中学生だったころ、おまわりさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラック野郎度胸一番星 ネタバレ注意

1977年に公開された鈴木則文監督作です。シリーズ第5弾です。 毎回菅原文太さんがマドンナに惚れるけど、最後に振られるのがパターンであった。 今回はのっけから違う。桃次郎は夜中の山中、幽霊が出ると噂の場所で立小便をした。そこに片平なぎさが立っており、「何年も待っていた。佐渡で待っている」と告げる。様子を見に来たジョナサン(愛川欣…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トラック野郎男一匹桃次郎 ネタバレ注意

1977年の年末に公開されたトラック野郎第6弾です。鈴木則文監督作です。 桃次郎(菅原文太)はふぐのきもを食べて中毒になった。首から下まで土に埋められた桃次郎の前にマサコ(夏目雅子)が通り過ぎ、彼女にほれた。 桃次郎は彼女が剣道をやっているので、剣道で挑むが、負けてしまう。一心不乱で山篭りして修行をする桃次郎。 滝に打たれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トラック野郎 御意見無用 ネタバレ注意

菅原文太さんといえば仁義なき戦いのヤクザ役がハマリ役だった。トラック野郎の菅原さんはどすの利いたやくざに見えるが、はやとちりで惚れっぽい性格なのである。 1975年に公開されたトラック野郎第1弾である。本当ならこの作品から見るべきだったのに、店には置いてなかった。 監督の鈴木則文さんはポルノ映画ってイメージがありましたが、この映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラック野郎天下御免 ネタバレ注意

1976年に公開された鈴木則文監督作です。シリーズ第4弾でもあります。 菅原文太さん扮する桃次郎と、愛川欣也さん扮するやもめのジョナサンのふたりが活躍するシリーズです。 舞台は四国。 桃次郎はミキサー運転手のマサミ(マッハ文朱)とひと悶着を起こした。 そしてわかこ(由美かおる)に惚れる。ジョナサンも惚れたが、この時点では二人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラック野郎一番星北へ帰る ネタバレ注意

1979年に公開された鈴木則文監督作です。 シリーズで言えば8作目です。なぜ2作目を借りて次が8なのかといえば、間違えて借りたからです。 一番星桃次郎こと菅原文太。 ヤモメのジョナサンこと愛川欣也。 三番星玉三郎せんだみつおの3人で繰り広げられる笑いと人情あふれた映画です。 桃次郎は早とちりで喧嘩っ早い。ジョナサン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラック野郎 爆走一番星 ネタバレ注意

1975年に東映で公開された映画です。鈴木則文監督です。 トラック野郎シリーズ第2弾です。なぜ第一弾ではないのか。単に置いてなかっただけです。 主人公は一番星桃次郎(菅原文太)とヤモメのジョナサン(愛川欣也)のふたりです。 桃次郎はトルコ風呂の常連で惚れっぽく喧嘩っ早い。 ジョナサンは子持ちの恐妻家。まったく違う二人が織…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不良姐御伝 猪の鹿お蝶 ネタバレ注意

1973年に公開された鈴木則文監督作です。 池玲子が人を殺しまくる映画です。 こういっては身も蓋もないので、池さんの魅力を語ります。 池さんはこの映画では19歳ですが、とても十代の貫禄ではありません。 共演している三原葉子さんと比べても遜色ないのです。 網走番外地に出ていた大原麗子さんは十代特有の若さがありましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大奥十八景 ネタバレ注意

1986年に公開された鈴木則文監督作です。 エロ将軍と21人の妾と同じく大奥をテーマにした作品ですが、こちらはシリアスよりですね。 大奥は古くから扱われてます。 徳川家綱(あおい輝彦)はおなつ(伊織祐未)を拾ったことから話が始まる。 もう一方では中条源四郎(勝野洋)という産婦人科の医者がいる。彼の方が主役っぽい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エロ将軍と21人の愛妾 ネタバレ注意

1972年に公開された鈴木則文監督作です。 題名からエロ将軍。ストレートかつわかりやすいですね。 エロ将軍こと11代将軍徳川家斉こと豊千代(林真一郎)は学問一筋。女人を知るために吉原で女を抱くが痙攣を起こして繋がったままになってしまった。 豊千代を将軍に立てた田沼意次(安倍徹)は部下の岩本(名和宏)とともに頭を抱える。そこに江…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴力女子学校 女暴力教室 ネタバレ注意

1972年に公開された鈴木則文監督作です。 こっちが暴力女子学校シリーズ第一弾でした。 女子高を舞台にズベ公たちが大暴れ。 リーダーは迪子(杉本美樹)で、過去に強姦されたことがあった。それ以来家族からは白い目で見られ、逆に強姦する側に回った。 学園の理事長の娘である澄子(衣麻遼子)は、女生徒たちに売春をさせていた。二人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐怖女子学校 暴力リンチ教室 ネタバレ注意

1973年に公開された鈴木則文監督作です。 不良少女を受け入れる希望女子学園。そこに3人の転校生がやってきた。 車を盗もうとした風間典子(杉本美樹)。 不良グループに刃物で切りかかった久保京子(佐分利聖子)。 ヒッチハイクした運転手に手コキして事故を起こした北野レミ(大田美鈴)。 3人ともお縄につながれたまま学校にやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代ポルノ伝先天性淫婦 ネタバレ注意

1971年に公開された鈴木則文監督作です。TUTAYAネットレンタルでは一般向けだけど、どう考えてもポルノなので18歳未満は読まないように。性的描写を書いてるわけではないが、念のため。 由紀(池玲子)はミッション系の学校に通っていた。故郷の京都に帰ってきた。そこで母親(三原葉子)は安川(藤木孝)と同棲しており、毎日セックスをしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more